育児中だからこそ読みたい!育児漫画おすすめ5選

おおのこです。

先日、育児中だからこそ読みたい!ピュアな恋愛少女漫画おすすめ5選【王道編】を記事にしましたが、今回は育児漫画編です。

育児の勉強は育児書だけじゃない!漫画だって勉強になります。

育児に行き詰ったり、頑張りすぎて疲れた時にこそ読んで欲しい、おすすめの育児漫画をご紹介します。

ママはテンパリスト/東村アキコ(4巻完結)

「東京タラレバ娘」がドラマ化された東村アキコ先生の育児エッセイ漫画です。

29歳で出産したテンパるママ、東村アキコ先生と息子ごっちゃんの日常を漫画にしているのですがとにかく笑えます。

ごっちゃんの思いもよらない行動や、子供あるあるをツッコミを交えて書いているので、もう育児ギャグ漫画と言っていいのではないかと思うくらいのレベル。

読みながら普通に声を出して笑いました。

ツボだったのは、初めて寝かしつけをするパパに東村ママが心の中で叫ぶこのセリフです。

本当に大変なのはここからだよ!!!
素人めが!!!

©ママはテンパリスト(集英社)1巻より引用

このときの東村先生、ものすごい悪い顔してます。

おおのこ

ごっちゃんがかわいくて、とにかくパワフル!育児で疲れた時に読むと元気になる漫画です。

おにぎり通信~ダメママ日記~/二ノ宮知子(3巻完結)

「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子先生が書いた育児エッセイ漫画。

二ノ宮先生とPOMさん(パパ)、コウくん(長男)、ヒロくん(次男)4人家族の生活を中心にしたお話です。

POMさんが仕事もしながら家事育児をメインで担い、二ノ宮先生は“リアルのだめですか?”ってくらいダメママぶりが逆に清々しい。

スキーやキャンプなどの家族旅行や兄弟ならではのケンカなども面白いですが、私は夫婦のやり取りや関係性が笑えました。

我が家は育児家事がほぼ私なので、POMさんが自分か!?と思えるくらいです(笑)

世の中の家事・育児に非協力的なダンナども
わたしといっしょに妻に謝れ!!

©おにぎり通信~ダメママ日記~/(集英社)2巻より引用

二ノ宮先生のこの発言、潔よすぎますね。

おおのこ

PTAを想像して“キャッ”てなるPOMさんが自分と性格も似ていて親近感がわきます。

よにんぐらし/宇仁田 ゆみ(4巻完結)

ほんわかママのちはると野生児パパのタロー、年少さんのゆり、パパ似で元気な弟コタローの仲良し4人家族を描いた漫画です。

1話完結のショートストーリーなので、漫画を読むのが苦手な方でも読みやすいのではないでしょうか。

宇仁田ゆみ先生といえば、アニメ・映画化された「うさぎドロップ」が有名ですよね。

本作は何気ない1日が丁寧に描かれていて、普通で平凡な毎日でもこんなに幸せがあるんだと思わせてくれますよ。

独身時代に初めて読んだとき、私もいつかこんな家族を作れたらなと憧れました。

ゆりとコタローがとにかくかわいいんです。

4巻の巻末には描き下ろしの成長編があり、成長したゆりとコタローに会えるのが嬉しい!

おおのこ

読むとほっこり優しい気持ちになれる、ずっと大切にしたい漫画です。

ソダテコ/宇仁田ゆみ(連載中)

続いても宇仁田先生の子育てエッセイ漫画です。

宇仁田先生の長女アモちゃんと7歳下の長男ぬー太くんの“リアルよにんかぞく”は、やはりほのぼのしています。

年の差育児や、女の子と男の子の育児の違いなどもしっかり描いているので勉強になる事が多く、内容からご家族や先生のお人柄が滲みでているなぁと感じました。

1話では小2・0歳の姉弟が、最新刊である3巻の73話では高1・小3にまで成長しています。

「大きくなったねぇ」なんて、読んでいる自分がいつの間にか親戚のおばちゃんのようになってきますよ(笑)

おおのこ

早く続きが読みたい!4巻の発売を心待ちにしています。

世界でいちばん優しい音楽/小沢真理(単行本全16巻/文庫本全8巻)

両親を亡くしたスウこと高原菫子(たかはらすみれこ)は皓(あきら)と出会い、若くして子供を授かりますが、事故で皓も亡くなってしまいます。産まれた娘のんのんとスウは大変な事も多いけど、優しくてあったかい幸せがつまった日々を綴った物語です。

「銀のスプーン」がドラマ化された小沢真理先生の1993年~1999年まで連載していた代表作。

本作にはスウ母娘以外の家族が何組も登場し、それぞれの家庭での悩みをスウとのんのんを通じて切り開いていき、考えされられる内容も多いのであえて育児漫画としてご紹介しました。

のんのんが本当にいい子なんです。スウの愛情をいっぱいに受けた優しい女の子。

スウから“ぎゅう”と子供を抱きしめる大切さを教えてもらいました。

親子愛・家族愛・夫婦愛・友情とたくさんの愛にあふれ、愛がいっぱい詰まった漫画です。

娘といっしょに「母なる自分」も
育ってゆきたい
育ってゆければ
そう思う

©世界でいちばん優しい音楽 (Kissコミックス)文庫本3巻より引用

おおのこ

何度も読んでいるのに何度も泣けます。定期的に読みたくなるそんな漫画です。

さいごに

独身時代に読んでいた育児漫画を育児真っ最中に改めて読み返してみると、受けとめ方や読んだ印象が変わりました。

読みながらの「うんうん。わかるわーそれ!」が増えます。

同じ本でも経験や環境によって違った面白さが出る。
だから本を読むのがやめられないんです。

読書が好きでよかった!
心からそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です