「新築?中古?」住宅購入で迷う選択!我が家が「中古」のマンションを購入した決め手とは

おおのこです。

我が家は、今からちょうど4年前、2013年9月に築8年の中古マンションを購入しました。

“良い物件があれば新築でも中古でもOK”だった私達夫婦。
とは言っても、私は密かに「新築住宅」に憧れもありました。

やっぱり、一度は新品のキッチンで料理してみたかったんです。

では、最終的になぜ「中古住宅」である中古マンションを選択したのか、私の決め手についてお話したいと思います。

 いつかは自分達の家を持ちたいと思っていた

じつは、新婚時代に物件を探していた時期もあったのですが、良い物件が見つからず仕舞い……。

その後、住んでいたアパートの契約更新と私の育休終了が重なったので、このタイミングでもう一度家を探そうと一念発起しました。

すでに長女の保育園が決まっていたので、私の絶対条件である『住むエリアは変えない』『間取りは3LDK~4LDK』『子供が安全に遊べる環境』で、ひたすらネットで探す日々が続きましたが、それだけでは選択肢が多すぎて全く話が先に進まず、さらに条件を絞ることに。

ずっと意見が割れていた『マンションor戸建て』については、住むエリアで絶対条件を出していた私が折れる形で『マンション』に決まり、『新築or中古』の決断はできないままで不動産屋さんと相談する事になりました。

ピカピカの新築住宅ではなく、中古に決めた理由

物件数が多い

エリア限定で住宅を探す場合、マンションだと新築より中古の方が圧倒的に物件数が多いです。

ちょうど私達が探していた時期は、新築マンションがなく、新築物件を待ったら引越しがいつになるかもわからない状態でした。

中古物件については、条件にあったものをいくつも選べるほどでしたので、ひとまず築浅で条件の良い中古物件から実際に見て、じっくり検討していく事に。

購入前に現物を見ることができる

中古物件は、何と言っても実際に見て確認することができるが最大のメリットだと思います。

「図面で見て良いと思っても、いざ内見してみるとイメージがまったく違う」という物件がいくつもあり、逆に「図面を見るとイマイチだけど、内見したら意外と良かった」なんて物件もありました。

新築マンションの場合は、建物自体が建築中のためモデルルームは見られても、購入するときは図面で判断するため、実際の部屋が見られない場合が多いです。

マンション購入で後悔しているランキングをみても、購入後のイメージの違いに関することが上位を占めているので、確認することの大切さがわかる結果になっています。

 

分譲マンション購入者の後悔していることランキング 【複数回答可】

1位 もっと他の部屋も検討すればよかった(10.7%)
2位 事前に住まいのイメージをもっと入念に確認すればよかった(8.2%)
3位 もっとよく入居前の引き渡し内覧時に建具や建物の状態を確認すればよかった(7.5%)
4位 物件ができあがってから契約すればよかった(5.7%)
4位 事前に上下階や隣人について確認すればよかった(5.7%)

不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME’S:住まいのお役立ち情報より引用

売主さんから話を聞く事ができる(売主さんが入居中の場合)

中古物件は、売主さんが住みながら売りに出す物件も多くあります。

初めて行くお宅のクローゼットを開けたり、キッチンやリビングを細かく見たりと、普通だったら失礼にあたるような行為を内見でする事になり、ゆっくり見れない時もあるのは確かです。

でも、実際に住んでいる方に住環境や病院・スーパーまでの距離、学校の雰囲気等を聞けるのは、メリットの一つだと思います。

やはり、どうして売ろうと思ったのかは必ず確認しておきたいポイントですよね。
(もし、不満や問題があっての売却であれば、私だったら購入を見送ります)

今のマンションも内見時には売主さんが住んでおり、いろいろ話を聞く事ができました!

「子供が安全に遊ぶ環境があるからすごく気に入ってます!本当はずっと住みたかったけど、転勤で仕方なく売りに出しました。」と話してくださったのが、購入を後押しする一言になったほどでした。

資産価値を確認する事ができる

自分の買った住宅の資産価値って重要ですよね。
資産価値が下がれば、売りに出す場合の価格も下がるなんて場合も。

驚いた事に築8年経っているマンションの資産価値は、新築時とほぼ同等。

不動産屋さんからも、このマンションを買いたいと指定して探している方もいるくらいで、資産価値は全く下がっていないと太鼓判を頂けるほどでした。

現在、築12年経ちましたが、売りに出ている価格をみても未だに価値が下がっておらず、ほっとしています!

リフォームすれば、新築同様に

売主さんが綺麗に使っていた事もあり、購入後はハウスクリーニングと壁紙と巾木交換のみリフォームしました。

築浅だったせいかそれだけで見違えるほど変わり、私は新築とかわらない満足感を得る事ができました。

先日、友人が同じマンションに引越してきたのですが、壁紙以外にフローリングとキッチンも交換したので、完全に新築と言っていいほどの完成度でした。

予算が合うのなら、条件の良い中古物件を購入してリフォームすれば、新築に負けない家になるはずですよ。

購入後、実際に住んでみて思った事

住み始めて丸4年が経ち思った事ですが、住環境や設備については購入前に確認していたイメージと変わらず、むしろ良くなったくらいです。

さらに子供が安全に遊べる環境が想定以上に整っており、ご近所の方とも良い関係を築くことができているので、ここに決めてよかったと心から思っています。

中古マンション購入後、いくつか新築マンションができましたが、子供が安全に遊べる環境は今住んでるマンションが一番でした。

やはり購入前に何度も足を運び、検討して決めたのは大きかった!
毎日過ごす場所だからこそ、「自分の絶対条件を満たしている=満足度」に繋がります。

もし『新築or中古』で悩まれていたら、まずは絶対条件を満たしているかを最優先にすることが物件探しの秘訣です!

このお気に入りのマンションですが、1つ盲点だったのは駐輪場でした。

事前に空きは確認していたのですが、実際には2段式の上段しか空いておらず、後に買った電動自転車が止められずに、毎日エレベータで玄関前まで運ぶはめに。

結局、キャンセル待ちで下段が空くまでに2年もかかりました……。

完全に自分の確認不足でしたが、もしマンション購入を検討されている方がいたら、電動自転車が止められるか要チェックしてくださいね。

駐輪場によっては、タイヤの太いタイプはレーンに入らない場合もあるのでご注意ください!

住宅購入の物件探しで迷ったときには

忙しくて、ゆっくり物件を探す時間が作れない。
住みたい街の物件情報を簡単に調べたい。

育児と仕事の両立をしながらの物件探しは、なかなか時間が作れず、じっくり検討するのも難しいですよね。

そんな時は、不動産購入物件一括紹介サイト「タウンライフ不動産売買」がおススメです。

全国300社以上の不動産会社が希望にあった物件情報を教えてくれるので、時間を有効活用できますし、一括依頼で複数社の未公開を含む新着物件情報を、比較・検討できるのも魅力的ですよね。

登録はもちろん無料、希望のエリア・希望物件条件を選ぶだけなので60秒で無料登録が完了しますので、すぐ依頼する事ができます。

希望の物件情報を誰よりも先に手に入れてみませんか。

→ 簡単無料登録!「タウンライフ不動産売買」で住みたい街の不動産屋から自分の探したい物件情報を取り寄せる

さいごに

良い物件に巡り合うのも縁だと思っています。長く住む家ですから、家族全員が喜ぶ物件を見つけたいですよね。

住宅購入を検討しているみなさんによいご縁がある事をお祈りしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です