保育園児の習い事は1つで充分だと思う3つの理由

おおのこです。

長女と親子スイミングスクールに通い始めて5ヶ月がたちました。

自分からやりたいと言って始めたせいか、「あと何回寝たらスイミング?」と毎回聞くほど楽しみにしているんです。

これほど楽しく真剣に通ってくれるとは想像していなかったので、親としてもうれしく思っています。

習い事は子供の可能性を広げるものだと思っているのですが、実際に子供が通い始めてみると、「小学校に上がるまでは習い事は1つで充分だな」と考えています。

習い事1つで充分だと思う3つの理由

子供の集中力は短い

習い事に限らず、子供は集中力が短く飽きっぽいです。

少し前に「やりたい」と言っていても、いつの間にか興味が無くなっていることもあります。

実はスイミングを始める前に、長女はピアノもやってみたいと言っていたんですよね。

ちょうど今住んでいるマンションにピアノ教室があるので、通いやすいと思って連絡したら空きがなくて、先にスイミングを始めていたんです。

先日ピアノ教室から平日18時枠に空きがでたと連絡がきたので、念のため長女に聞いてみると「ピアノやらなーい」と返事が。

以前はあんなにピアノに対してやる気があったのに、この変わり様……。

気が変わるのが早いのは、本当に子供らしい反応ですよね(笑)

ピアノ教室は通いが楽だし、今でもやりたいと思っているならやらせてみるかとも考えましたが、残念ながらお断りしました。

このやる気を2つ同時に持つのには、まだ難しい年齢だと思うんです。

今は楽しいと夢中になれることがあるので、無理に増やす必要もないですよね。

土日に通うのでスケジュール調整が大変

共働きの場合、習い事は土日に通うパターンがほとんどではないでしょうか。

現在、長女は毎月4回、土日にスイミングに行っていますが、これだけでもスケジュール調整が大変!

長女の希望でスイミングは私が付き添っているため、保育園の行事や、お友達と遊ぶ予定が重なる場合は毎週末が慌ただしく、家事をする時間の確保にも苦労します。

子供が小さいうちの習い事は親の負荷も高いので、無理なく続けるためには1つがちょうどいいと思っています。

どうしても親が期待しすぎてしまう

せっかく習い事をやるなら、上達してほしいな、頑張ってほしいなと思いませんか。

親だからこそ期待してしまうんですよね。

私もいつかは長女に4泳法で25m泳げるようになって欲しいと思います。

また、礼儀作法を学ぶために空手や、ダンスが好きなのでチアダンスを習わせてみたいんです。

でも習い事を増やすのは簡単ですが、親がやらせたい事だったら、なおさら期待してしまうんだろうなと。

期待が大きければ大きいほど、子供にとってはストレスになることもあると思うんですね。

子供の為だとしても、親から余計なプレッシャーや負担をかけたくないので、今はスイミングに集中することに。

空手とチアダンスは長女が小学生になって、本人のやる気もあるならぜひ挑戦してほしいですね。

スイミングを始めて5ヶ月経過して思う事

顔をぬらせなかった長女はスイミングに通って5回目で潜れたのですが、その後は自分から潜ることは拒否しています。

潜れても鼻に水が入ってしまうのが苦手なので、まだ潜る楽しさはわかっていないようです。

感心するのは、お風呂で毎日自主練習していること。
鼻下までは潜れるので「ブクブクブク、パァ」を頑張っています。

シャワーで髪をぬらしてシャンプーもできるようになりました!

進みは遅くとも、子供自身がチャレンジしているのを見るのは本当にうれしいです。

自分のペースで続けて欲しいので、親は焦らず見守っていこうと思います。

自分で潜れるようになったら、いっぱい褒めてお祝いをしてあげるぞ。

さいごに

長女がお風呂で潜りを練習するようになってから、次女もまねをして「ブクブクブク、パァ」を練習するようになりました。

次女も顔をぬらせないのに、対抗して髪にお湯をかけたりもしています。

お姉ちゃんの影響力は絶大です。

いずれは次女もスイミングをやりたいと言ってきそうな予感。

子供が楽しいと思える習い事が上達への近道なのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です