子供が熱で仕事を休む。働くママの心の葛藤が分かりすぎるからこそ伝えたい事

朝起きたら、子供が38度の熱。いつもより元気もないし、大丈夫かな。
どうしよう、今日は忙しくて仕事休めないのに……。
休めないけど、休むしかないんだ。

 

おおのこです。

働くママにとって避けて通ることができないのが、子供の熱で急に仕事を休む事です。
なぜか忙しい時に限って熱を出すなんて事もありますよね。

我が家は核家族のため、夫婦交代で休みますが子供の希望もあり、どうしても私が休む事が多くなります。

会社に休む旨を電話するとき、心苦しさでいっぱいになり、
さらに自分の仕事を頼むときは、毎回心が折れそうになりました。

あまりにも休みが続き、仕事も思うように進まず、働く事を辞めようとさえ思ったこともあります。

辛いのは、責任感ゆえの心の葛藤

仕事より子供が大事!そんなこと当たり前です。
比べるまでもありませんよね。

そして、なんのしがらみもなければ、迷うことなく子供を優先します。

でも社会人として、できる限り会社のみんなには迷惑をかけたくない。

「母親としての自分」と「社会人としての自分」との葛藤。
この葛藤が辛いんですよね。

少なくとも、私はこれが一番辛かったです。

子供の体調不良であっても休む事は自分の都合でしかなので、社内ではこの葛藤を誰にも言えませんでした。

ただ、誰かに理解してほしかったです。
自分がこんな気持ちでいる事をわかってほしいと思っていました。

だから私と同じように悩み、罪悪感を感じてる方がいたら伝えたいです。

 

みんな同じ気持ちです。私は痛いほどその葛藤がわかります。

 

そしてこうも伝えたいです。

その葛藤する気持ちの解決方法は、「自分が割り切る」しかないという事。

いくら悩んでも考えても、答えはもう「子供が一番大事」で決まっているんですよね。

割り切る事は、悪いことじゃない

子供が小さい時は、必ず体調不良になったり病気になります。

これは仕方がない事で、自分の力ではどうすることもできません。

どうする事もできないなら、「今休むのは仕方がない」と割り切る。

そして子供の看病に100%集中する。

自分の為にも子供の為にも、胸を張って割り切ってください。

大切なのは、休んでしまって申し訳ないという謙虚さを忘れず、出社したときには感謝の気持ちを言葉で伝える事ですよね。

日々誠意をもって仕事をしていれば、その気持ちは周囲に必ず伝わりますよ。

子供は必ず病気をします。でもたくましく成長もします。

子供が成長すると、病気をすることも減っていきます。

個人差はあると思いますが、我が家の長女は1歳までは最低でも月1回熱を出しましたが、2歳を過ぎると熱を出す回数がぐっと減りました。

3歳になると、インフルエンザ等の感染症以外でほぼ熱を出すことなく、熱よりも擦り傷の方が絶えないくらいです。

もうすぐ2歳になる次女も、長女と一緒にたくましく頼もしく成長しています。

だから今は休みが多くても、成長と共に減っていきますので、安心してくださいね。

割り切ることで気持ちを楽にしよう

そうは言っても、いきなり割り切るのは難しいかもしれません。
私もある程度時間はかかりましたが、割り切ってしまったらスッキリ、とても楽になれました。

だって、どうする事も出来ない事をずっと悩んでも、悩むだけもったいないですよね。

自分が休んでも会社は回ります。
休んだ分は、違う形で会社や仕事に貢献すればいいだけなんです。

仕事に育児に家事と悩みは尽きませんが、一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です