全部やろうとしていませんか?育児と仕事に追われている時こそ読んでほしい「エッセンシャル思考」とは?

おおのこです。

私が出産後に育休から職場復帰した時、仕事に対して思ったことは「必要とされる人間になろう」でした。

今まで残業は当たり前、必要であれば休日や早朝出勤もしていたので、もう同じ働き方はできないのであれば、自分の強みはこれだと考えたからです。

しかし、もともと断るのは苦手で、誰かに頼むくらいなら自分でやるタイプだったため、仕事中に暇な時間というのはありませんでした。

時には、これは自分のやるべき事だったのかと思いながら、仕事をこなす事も。

とにかく、与えられた仕事は責任を持って全部やろう。
これは自分がやるべきことなのか疑問に思っても
、頼ってくれるのなら期待に応えたい。

そのため、適度に手を抜く事もできず、捌いても捌いても仕事は一向に減らない。
自分でどんどん忙しくしている状態に。

「エッセンシャル思考」は、そんな自分の考え方を大きく変えてくれた本でした。

99%の無駄を捨て、1%に集中する

この本を読んで、自分の環境に当てはまる事が多く、本当に勉強になりました。

エッセンシャル思考とは、たくさんの物事のなかから少数の本質なことだけを選びとる、つまり「99%の無駄を捨て、1%に集中する」考え方です。

「やらなくては」ではなく、「やると決める」
「どれも大事」ではなく、「大事なものはめったにない」
「全部できる」ではなく、「なんでもできるが、全部はやらない」

マンガでよくわかるエッセンシャル思考:P21より

ちなみに、エッセンシャル思考の反対は非エッセンシャル思考というのですが、私はまさに典型的な非エッセンシャル思考でした。

「なんでもできるが、全部はやらない」なんて考えた事もなかった。
仕事でも日常でも「できるなら自分から進んでやろう」と思っていましたから……。

  • 全部やるのでなく、大切なことだけを選ぶ
  • 無駄に気づき、本質目標を見つけること
  • 最高の成果を上げるためには、断ることも必要

自分は育児・仕事・家事をやらなければいけないけれど、全部完璧にやることはできません。

今の私にとって、最も大切にすべき事は育児であり、子供や家族の幸せのために仕事や家事があるという事。

文字にすると当たり前のことですよね。
でも、日々の忙しさに流され、立ち止まってゆっくり考える事すらできていませんでした。

何が大切なのか明確にしておかなければ、いつまで経っても環境を変える事はできないんだと再認識させてくれた本です。

内容は、マンガと活字が半々になっており、女性でもわかりやすく、読みやすい構成になっており、仕事に追われてお悩みの方におすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です