ご飯を食べない子供に試行錯誤。先輩ママからのアドバイスで心が楽になった話

おおのこです。

家族で食べるおいしいご飯は、食育にも繋がります。
子供には小さい頃から栄養たっぷりのご飯を食べさせてあげたいですよね。

そんな親の気持ちとは裏腹に、子供は少食や偏食ばかり……。

我が家の長女は、離乳食を終え、幼児食になった頃から少食になり、家のご飯をあまり食べなくなってしまいました。

試行錯誤しながら、ご飯を食べない子供への対策をし続ける

長女は、保育園の給食はよく食べていて排便も毎日あったため、健康面での問題は無いはず。

健診で保健師さんに相談し、食事の前のおやつに気をつけるように言われましたが、なかなか効果は出ず、悩む日々が続きました。

※もし健康面に問題がある・病気等の場合は、病院や専門機関に相談するようにしてください。

以下は、私が独自でやっていた対策です。

■食べる楽しみを増やす

  • ご飯は、三角や丸のおにぎりにして食べやすくする
  • 食器を長女の好きなキャラクターにする
  • 取り分けではなく、子供用に盛り付ける
  • 一緒に食べて、「おいしいね」と伝える
  • 手で食べたり、こぼしても気にしない
  • ひざの上に座らせ、一緒に食べる

■料理を工夫する

  • 保育園の給食を試食し、子供の好きな味付けを学ぶ
  • 幼児食の本や、保育園のレシピを見て料理を作る
  • 野菜は食べやすいよう、小さめにする
  • 子供の好きなメニューを作る など

 

とにかく、自分ができる方法はぜんぶ試してみましたが、結局どれも解決策にはなりませんでした。

ご飯よりもテレビを見たがったり、食事を作ってもほぼ残す、挙句の果てには市販のパンを食べたがったりと、食事を作る意味が無いのではと思うくらいに落ち込むことも。

ただ、大好物のトマトだけは毎日食べてくれたので、少しでも野菜を食べているのが唯一の救いでした。

先輩ママからのアドバイスで心が楽になる

解決策が見つからぬまま、思い切って保育園の懇親会で兄弟のいる先輩ママに相談したところ、こんな返事が返ってきました。

「大丈夫、大丈夫。保育園の給食で栄養とってるんだから、少しくらい食べなくても気にすることないよ。」
「子供って食べない時は、何やっても食べないから。うちは3歳過ぎたらやっと食べるようになったかな。」

え!?そーなんですか??
もしかして、食べないのって時期や年齢のせいで、こんなに悩む必要なかった?

言われてみれば、大人だって食べたくない時があるんだから、子供だって同じ事。
もっと肩の力を抜いて、見守っていればよかったんだ。

その後は、食事の量をは毎回少な目にし、ご飯を残しても、食べなくても仕方ないと思う事に。
いつもより食べた時は「たくさん食べられてよかったね」と褒めるようにして、健康状態だけ気にしながら毎日を過ごすことにしました。

今、4歳になった長女はご飯を食べるようになったのか

4歳になった長女。
おかげさまで、今はたくさんご飯を食べるようになりました!!

3歳頃から徐々に食べる量や好きなメニューが増え、お肉もお魚も大好きに。
野菜はトマトだけでなく、生野菜も食べ、毎日「今日のご飯なに?」と聞いてくるほど、食事に興味を持つようにもなってくれました。

今思えば、あの時悩んだのは何だったんだ!?と拍子抜けするほどです。

ちょうど次女が幼児食の時期で食べムラがありますが、「いつかちゃんと食べる時期がくるから仕方ないか」と気楽に構える事ができています。

育児は一人ではできない。悩んでいる時は相談するだけで道が開けることも

育児の悩みは一人で考えているよりも、先輩ママや周囲の方に聞くだけで解決できたり、気持ちが楽になる事が多いですよね。

悩んだり、もがいているのはみんな一緒です。小さなきっかけで道が開ける事もあるはず!

少しでも私の経験が、ブログを読んでくださるみなさんにのお役に立てたらと嬉しいです。

生協の宅配パルシステムが、ネットで注文・配達までしてくれるので便利

我が家の子供たちには、離乳食から生協の宅配パルシステムの商品を使っています。

ネットで注文もでき、毎週決められた曜日に配達してもらうので、不在の場合は玄関前に置いてもらっています。

長女がご飯を食べない時、よく生協のふりかけやおさかなソーセージにお世話になりました。

国産・産直・環境にこだわった商品は、安全でおいしくお子さんのいるご家庭にぴったり。
もちろん大人が食べても納得の商品ばかりです。

おためしセットがありますので、興味がある方はぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です