退職して後悔はない!先輩ママからの一言「子供との思い出は、人生の宝物」が胸に響く

おおのこです。

私は明日で会社を退職します。

ステップアップのため定年まで働くつもりで転職し、とにかく忙しかったですが、人間関係にも恵まれ、やりがいのある仕事でした。

でも、2度目の育休復帰後、過労とストレスで適応障害と診断されて休職に。

過去にはもっとつらい職場もあって、休日出勤や徹夜もしてたし、体力面・精神面でもタフだったので『まさか自分が・・・』と思いました。

私は仕事も育児も大切で、ずっと全力でやっていたんです。

育児をしながら働くためには、頑張るだけじゃダメ。少しでも休む、自分の時間を作る方が大切だったんですよね。

お世話になった方へ挨拶するために会社へ

先日、挨拶のために会社に行ってきました。

私は休職したまま退職したので、これが最後の出社になります。

休職していた申し訳なさで緊張していた私を、上司や先輩、同僚のみんなが温かく迎えてくれたのには、感謝しかありません。

みなさんに出会えて良かったです。本当に本当にありがとうございました。

寂しい気持ちはありますが、退職をして後悔はありません。

仕事は好きだったけれど、もっと子供たちと一緒にいたい、もっとしっかり向き合たいと、ずっと思っていました。

子供たちとの時間を増やしたかった私にとって、在宅で働くことは理想の働き方です。

今後は、個人事業主として共働きを続けていきます。

おおのこ

会社員時代の月給を超えることが第一目標です。育児を仕事とのバランスを考えての決断なので、必ず結果を出します!

胸に響いた先輩ママからのメッセージ

先日、高校生のお子さんがいる知り合いの先輩ママから、あるメッセージをもらいました。

読んだ後になぜか涙が出てきて……。

いつもブログを読んでくださるみなさんにも、ぜひぜひ読んでほしいです。


大変だったけれど、懐かしい日々

子供を産んでから今日までの日々は、思い返せば本当にあっという間でした。

今、我が子は高校生です。まだまだ完全に自立とまではいきませんが、いつの間にか、半分大人ともいえる年頃になりました。

今になって感じるのですが、最近小さなお子さんを連れているお母さんをみかけると、とっても羨ましくなるのです。

あの頃は、早く大きくなってほしい、早く楽になりたいと呪文のように毎日繰り返していたのに・・・。

子育てって不思議です。

子供を産んで、自分の生活が一変しました。

それまでは自分のことを中心に考えていればよかったのが、いきなり自分より守らないといけないものができて、毎日が自分のものではなくなったよう。

1歳になるまでは仕事もせず子育てと家事の毎日だったので、外に出て一人で息抜きをする時間もまったくなく、オンとオフの切り替えのない、常に微力でもオンの状態が続くというか、まったく気を抜ける時間がありませんでした。

子供が起きていれば、どんなに眠くても自分も起きていなければならない。

汗だくですぐにシャワーを浴びたくても、まずは子供から着替えさせてやらなければならない。

そんな「こうでなければならない」に縛られ、自分の人生はもう終わった・・・とさえ感じるほど、ストレスを貯めたこともありました。

1歳を過ぎて、姑に子供を預けてはときどき入る単発の仕事に出かけるようになりましたが、「誰にもよっかかられることなく、自分の体だけで行動できるってなんて楽なんだろう」と思いました。

仕事をすると、時間的には忙しくなるけれど、離れる時間ができる分、家に帰ってから子供にいつもより優しくなれるような気がしました。

子供の笑顔は一番の癒しでしたが、やはり子育てだけでは息が詰まる、早く社会復帰したい、と心から思っていました。

しかし今になって、子供も大きくなり自分たちで行動するようになり、自分の時間がとれるようになると、あんなに望んでいたはずなのになんだか寂しいのです。

「大きくなるのはあっという間よ。今を楽しんで」と言ってくれた先輩お母さん方の言葉が今になって蘇ります。

今の生活がずっと続くような気分におそわれている若いお母さん方に、言ってあげたい。

子供が大きくなるのはあっという間です。

そして、もう二度と今のような時期は戻ってこないのです。

だから、思い切り楽しんだほうがいい、と。

子供との思い出は、人生の宝物になります。

若いお母さん方が、少し気を抜いて、楽しく子育てができることを願っています。


いろいろ経験している先輩ママの言葉だからこそ、重みがありますよね。

どんなに大変でも、今の子供たちの姿は二度と戻ってこない貴重な時間なんだと教えてくれたメッセージでした。

さいごに

私は働きながら子供との時間を楽しみ、溢れるくらいの人生の宝物を増やしたい。

子供の成長をずっと見守っていたい。

このメッセージを読んで、自分の選択は間違っていないと思えたんです。

自分のため、子供のため、家族のために、育児も仕事も思いきり楽しむと心に誓いました。

絶対できると信じて、新しいスタートを切ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です