トイレトレーニングにおすすめの踏み台!2歳でも一人で座れ片付け不要です

おおのこです。

子供の『トイレトレーニング』を始めるタイミング、どうしてますか?

長女のトイレトレーニングは、保育園の先生から「そろそろ始めてみませんか?」とアドバイスをもらい、2歳半頃からスタートしました。

毎日汚れた服とパンツを手洗いし、トイレに付き添いして、失敗したら汚れた床を拭く日々。
正直こんなに大変だとは思っていませんでした。

一番辛かったのは、長女を抱っこしてトイレに座らせる事。

ちょうど次女の妊娠と重なってしまい、一日に何度も大きなお腹で持ち上げるのが苦痛で、「おしっこ出るー」と言われる度に憂鬱でした。

少しでも楽になるようにと踏み台を買おうか考えましたが、毎回設置して片付けるのは面倒だし結局は邪魔になるのでは?と悩んでいたところ、理想の踏み台を見つけましたよ。

トイレトレーニングにおすすめの踏み台はコレ!お家のトイレが幼児用トイレに大変身♪

おすすめの踏み台は日本製!ぐらつきもなく安全です

私が見つけたのは、オムツが取れると人気の手づくり工房かくれんぼの大川家具「置くだけ簡単 トイレトレーニング 踏み台 2WAYタイプ」です。

上の写真は、踏み台を設置した状態の我が家のトイレです。

耐荷重100kgだから、大人が乗っても大丈夫。まったくグラグラしません。

実はこの踏み台、なんと12,000円もします。

「トイレの踏み台が1万円越え!?高すぎる」って思いませんか!?
私は値段が高すぎて、気になってはいるものの、買うのをずっと躊躇していたんです。

でも、少し高くても自分の要望にあった踏み台の方が後悔しないはずと購入を決意しました。

使ってみたら納得!親も子供も楽ちんでおすすめ

この踏み台の魅力は、なんといっても片付け不要なこと。
普段置いたままで大人もトイレに入れます。

大人が便座に座った状態でも、踏み台がふくらはぎに当たらないのでまったく気にならないです。

当時2歳の長女は自分で台に乗り、バランスを取りながらトイレに座る事ができたので、これだけでも買った価値がありました!

トイレに座ると長女の足がつくのはつま先だけですが、それだけでも踏ん張ることができて安定感抜群。

踏み台がない時はいつも足をブラブラさせていたので、親が見ても子供がトイレに集中しているのが一目瞭然でした。

長女は1人で座れて嬉しかったのかトイレに何度も行くのですが、私は抱っこせずに見守るだけなのでストレスも解消されましたよ。

やはり片付け不要って本当に楽です!

もちろん片付けはほんのひと手間ですが、それが毎日続くとなると面倒になるので、私にはぴったりの踏み台でした。

すでに購入して3年経ちましたが、長女は5歳になった今でも踏み台を使っています。

足はすべて踏み台につくようになり、トイレタンクの蛇口にも手が届くので手洗いもできるようになりました。

3年使ってみての感想は、踏み台にしては高価でしたが、次女がトイレトレーニングを始めると最低でもあと3年は使うので、使用年数を考えると良い買い物でした。

小学校低学年くらいまでは、踏み台があった方がトイレが楽なんじゃないかと思っています。

ちなみに2WAYタイプは蓋をすれば、普通の踏み台にもなります。どこで使うかは考えてしまいますが、長く使えるのは嬉しいポイントです。

トイレトレーニングにおすすめの踏み台!お家のトイレが幼児用トイレに大変身♪

踏み台でトイレトレーニングに効果は?

手づくり工房かくれんぼの踏み台は、口コミでオムツがはずれやすくトイレトレーニングに最適と評判です。

実際使ってみた結果、長女は3歳2ヶ月でオムツがはずれ、夜もオムツ無しで寝ていました。

踏み台があると一人でトイレに行けるのが楽しいようで、一緒に行こうとすると「来ないで」怒るほどでしたので、私自身は効果があったと思っています。

ただうんちについては、1度トイレに座ってした際におしりが痛かったことが原因で頑なに拒否。
トイレで座ってうんちをするとおしりが痛くなると思い込んでしまったようです。

幸いうんちが出ることは教えてくれたので、パンツにおしっこパットをつけ、トイレの中でするのが4歳になるまで続きました。

うんちは本人の気持ち次第な面がありましたが、周りのママからもよく「一人でおしっこができるの早いね」と言われたので、私の周囲では早くオムツが外れた方でした。

一人でトイレで出来たという自信が良い結果に繋がったと思っています。

親の負担を減らして、子供と楽しくトイレトレーニングを

トイレトレーニングがいつ終わるかは子供次第なので、焦らず子供のペースに合わせて進めることが大切ですよね。

親の負担も増える時期ですが、辛抱強く見守ってみてください。

踏み台以外にもおしっこパッドや、トレーニングパンツをうまく使って、昼はパンツで夜だけオムツにするのもおすすめですよ。

夜にオムツをして1~2週間程きれいなままなら、パンツにチャレンジしてもOKのサインです。

我が家もこのタイミングでパンツに替えました。

もし、おねしょをしたら焦らずオムツに戻し、しばらく様子をみて大丈夫そうならパンツに替える「進んでダメなら戻る」方法でオムツを外しました。

そろそろ始まる次女のトイレトレーニングも、焦らず気長にやっていく予定です。

2018/05/01追記

保育園からの勧めもあって、次女が2歳5ヶ月からトイレトレーニングを始め、なんと開始して2ヶ月で自宅のトイレでおしっこができました(^^)/

突然次女が「おしっこ出る」と言って自分でトイレに行きたがり、私からは声かけもしていなかったのでびっくり!

身長86cm、体重11kgですが、ひとりで補助便器を置き、踏み台を使ってトイレに座ることができましたよ。

慣れてきたら、ひとりでトイレからも降りられるようになりました。

座った状態で踏み台にはつま先しかつきませんが、きちんと踏ん張れているので安定しているし、踏み台にのれば自分で流すこともできるのでうれしそうです。

その後は、朝と夜に1回はトイレに行くペース。
まだオムツにもおしっこをしますが、楽しんでトイレに行ってるので順調にトイレトレーニングが進んでいると思います。

これも手づくり工房かくれんぼの踏み台のおかげですね(*^^*)
踏み台を購入して丸3年経ちますが、まだまだ活躍しています!


「大川家具」2WAYタイプ 抗菌塗装で清潔なトイレトレーニング 踏み台【折りたたみ式ステップ】トイレ踏み台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です